スプレッド

キャッシュバックキャンペーン! など♪

iForex(アイフォレックス)

【追証なし】借金を背負う心配は無し!ロスカット水準0%!レバレッジ400倍

BigBoss10周年記念! FX用 VPS

BigBoss口座開設

お名前.com【デスクトップクラウド】

海外FX、春のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018/05/31まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE

スプレッドに注意

メタトレーダー4+EAのシステムトレード  説明

口座には、標準口座とECN口座とがあることを説明しました

 

標準口座とECN口座とでは、
取引手数料だけでなく、スプレッドも異なります。
スプレッドとは、
取引通貨ペアの売りと買いの値段の差のことを言います。

 

MT4の気配値ウィンドウを見てください。
たくさんの通貨ペアが並んで表示されています。
そして、それぞれの通貨ペアの
スプレッドもさまざまであることがわかります。

 

取引する人が多く、より多くの流動性が確保されている通貨ペアほど、スプレッドは狭くなります。

 

EURUSDやUSDJPYなどがそれにあたります。
流動性が高い通貨ペアのスプレッドが狭いというのは、どのブローカーでも共通してい言えることです。

 

スプレッドはブローカーの設定によって異なります。
時間帯によって変わることも珍しくはありません。

 

スプレッドとは、固定のものではなく、変動するものであるということは覚えておいてください。

 

スプレッドが取引にどういうふうに影響するかというと、例えば、スプレッドが1pipsのEURUSDを買い、
エントリーしたとすると、その時点で、既に1pips損が出ていることになります。

 

プラスマイナスゼロにするためには、1pips、利益側に値が動かなければなりません。

 

ということは、スプレッドが大きければ大きいほど、保有ポジションがプラスになるまでの幅が広く、
利益を得るのが難しくなるというわけです。

 

スプレッドは、スキャルピングでは特に気をつけなければなりません。
少ない利益を重ねていって利益を得る方法なので、
スプレッドが大きいと、その分取引が不利になるからです。


キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、春のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018/05/31まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


スプレッドに注意|スキャルピングで小さなスプレッドのススメ関連ページ

標準口座とECN口座の違い
標準口座とECN口座の違いについての解説です。
取引ロットと口座の種類
「プロ口座」、「スタンダード口座」、「ミニ口座」について
標準口座とECN口座の
取引手数料とスプレッドの違い
標準口座とECN口座の取引手数料とスプレッドの違いについて解説
MT4で口座にログインする
MT4口座にログインする際の状況について。
「口座番号縛り」で
自動売買EAの利用制限
「口座番号縛り」で自動売買EAの利用制限
「パソコン縛り」で
自動売買EAの利用制限
「パソコン縛り」で自動売買EAの利用制限