MT4 過去検証 実行手順確認

キャッシュバックキャンペーン! など♪

BigBoss10周年記念! FX用 VPS

BigBoss口座開設

お名前.com【デスクトップクラウド】

海外FX、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018/02/28まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

過去検証(バックテスト)の実行手順の確認

過去検証(バックテスト)の準備ができたら、

さっそく、過去検証(バックテスト)をやってみます。

 

上部メニュー[表示]から[Strategy Tester]をクリックしてください。
すると、下部に新しいウィンドウが表示されます。
これがストラテジーウィンドウになります。
ここで、項目を設定します。
設定する項目は以下のようになります。

 

Expert Advisor:過去検証(バックテスト)したいEA

 

通貨ペア:EAが稼働する通貨ペア

 

モデル:[Every tick]を必ず選んでください。

 

日付と時間を使用:チェックを入れて、
希望の過去検証(バックテスト)期間を指定します。

 

Visual Mode:基本的にチェックは入れません。

 

期間:EAが稼働する時間軸

 

Optimization:過去検証(バックテスト)のときはチェックしませんが、最適化のときにはチェックをします。

 

設定が終わったら、次に、[Expert properties]を選択してください。
すると、新たなウィンドウが出てきます。

 

3つのタブがありますが、過去検証(バックテスト)については、
「パラメーターの入力」タブのみ見てもらえれば構いません。

 

ここでパラメーターをカスタマイズします。

 

そして、パラメーターを変更したら、
画面右下[Save]ボタンで、過去検証(バックテスト)用のパラメーター環境を保存します。

 

逆に、[Load]ボタンでは、保存したパラメーター環境を読み込むことができます。

 

その都度、パラメーターを変更してもよいのですが、
それもいちいちとなると手間なので、保存と読み込みを活用すると、多少、面倒さが取り除けます。


キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018/02/28まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

Forex Tester

Forex Tester 】30日返金保証!使えなかったら返金します。

フォレックステスター

Forex Testerで負けトレードでの損切ポイント、勝ちトレードでの利益の伸ばし方が学べます。


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


MT4|過去検証の実行手順|バックテストの実行手順の確認方法関連ページ

バックテストの準備
MT4のストラテジーテスター機能を使って過去検証(バックテスト)を行うための準備
過去検証の動作チェック
MT4の過去検証(バックテスト)の動作をチェックする方法
過去検証の処理時間
MT4の過去検証(バックテスト)のの処理時間について。
過去検証結果の保存
MT4の「過去検証」の結果の保存の重要性と方法。