海外FX アメリカ レバレッジ

アメリカのレバレッジ事情

ヨーロッパのレバレッジ事情 説明

重い腰をあげて高倍率のFX取引をおこない始めた日本国内のFX取引のレバレッジ規制ですが、海外FXの取引に対するレバレッジ規制はどのようなものがあるのでしょうか。

 

近年、政府が長引く不況の要因として、FX投資を
始めとするレバレッジ規制を
おこなう流れが一般的になってきています。

 

大国アメリカも、自国に対するFX取引の規制を強めていて、自由なレバレッジ取引が出来にくい状況にあります。

 

日本国内のレバレッジ投資と異なり、アメリカではレバレッジ規制および、投資のマイナスの部分が国家に致命的なダメージを与えてしまうこともあるため、
海外およびアメリカの金融組織は海外FX取引に対してレバレッジ規制をかけているという見方があります。

 

アメリカは外為市場においてマーケットも大きく、多数の投資家が参加している業界であるために、
アメリカのFX業者は、強められるレバレッチ政策に頭を悩ませているようです。

 

そのため、アメリカの業者のFXDDなど一部は、タックスエイブンのマルタへ拠点を移したり、レバレッジ規制のないイギリスへ会社の拠点を移すなど、政府のレバレッジ規制への対策を強化しているようです。

 

日本国内でも年々、
金融庁のメスが入り、現在では最大25倍までというレバレッジ規制が設けられています。
多くのメジャー通貨を扱う国でも、平均をして、
最大でもレバレッジは50倍と設定されているところが、主流になってきているのです。
それ以外の通貨ペアでも、最大レバレッジは20倍までに制限されています。

 

私たちFX愛好者にとっては、いかにレバレッジ制限の少ない海外FXで取引を行うかが、
小額でも多額のリターンを得る大きなポイントとなってきています。
先ほど前述をした、レバレッジ規制を逃れるために、海外に拠点を移したFX業者も、
その行き届いたサービスの面から愛好者に支持をされているようです。

 

とりわけレバレッジ規制を逃れてマルタへ拠点を移した、アメリカの業者・FXDDは、日本語のサポートが
定評なこと、トレードシステムも優れていること、円口座もあることなどから、
日本人の投資家たちの注目を集めていて初心者にもお勧めです。

キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、夏のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年8月31日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

TradersTrust 5,000円キャッシュバックリベート

TradersTrust 口座開設

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com【デスクトップクラウド】

FX自動売買の強い味方。お名前.com デスクトップクラウド!!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


アメリカのレバレッジ事情|レバレッジ規制強化|FXDDについて関連ページ

レバレッジ規制とTAXヘイブン
レバレッジ規制からのTAXヘイブン(税制面の優遇国)への逃避
ヨーロッパのレバレッジ事情
ヨーロッパのレバレッジ事情について(海外FXのレバレッジ事情)
オーストラリアのレバレッジ事情
オーストラリアのレバレッジ事情について(海外FXのレバレッジ事情)
アジアのレバレッジ事情
アジア(韓国・香港・シンガポール)のレバレッジ事情について(海外FXのレバレッジ事情)