取引ロット 口座の種類

取引ロットと口座の種類

メタトレーダー4+EAのシステムトレード  説明

FXブローカーによっては、MT4口座を取引ロット数の違いによって分けている場合があります。

 

ロット数の違いによる口座には、一般的に3種類あります。

「プロ口座」、「スタンダード口座」、「ミニ口座」と呼ばれています。(会社により呼称が変わります。)

  • プロ口座は、最低取引単位が10万通貨単位、
  • スタンダード口座は、最低取引単位が1万通貨単位、
  • ミニ口座が、最低取引単位が1,000通貨単位

というように切り分けられます。

 

FXDDなど、主な取引ブローカーでは、最低1,000通貨単位から取引できる口座が用意されているのが普通です。

 

しかし、ブローカーによっては、1万通貨単位からの取引口座しか用意していないところもあります。

 

さらに、プロ専用に、10万通貨単位からしか取引できない口座もあります。

 

口座選びでは、取引単位も注意したいところです。

 

口座を開設したあとで、10万通貨単位からしか取引できないことがわかり、結局、取引が始められなかったなんてことになりかねないからです。

 

もちろん、取引単位なんて関係ないという人であれば別ですけど、まずは少ない単位から取引を始めてみようと思っている人も多くいるはずです。

 

ちなみに、取引ロットとは、取引単位のことです。

 

MT4口座では、日本のFXブローカーが提供している取引通貨単位の表記とは異なり、1lotが10万通貨、0.1lotが1万通貨、0.01lotが1,000通貨として処理されます。

 

取引ロットは、重要なルールですので、必ず覚えておきましょう。


キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、秋のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年11月30日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com【デスクトップクラウド】

FX自動売買の強い味方。お名前.com デスクトップクラウド!!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


取引ロットと口座の種類|プロ口座・スタンダード口座・ミニ口座関連ページ

標準口座とECN口座の違い
標準口座とECN口座の違いについての解説です。
スプレッドに注意
スプレッドと注意点について
標準口座とECN口座の
取引手数料とスプレッドの違い
標準口座とECN口座の取引手数料とスプレッドの違いについて解説
MT4で口座にログインする
MT4口座にログインする際の状況について。
「口座番号縛り」で
自動売買EAの利用制限
「口座番号縛り」で自動売買EAの利用制限
「パソコン縛り」で
自動売買EAの利用制限
「パソコン縛り」で自動売買EAの利用制限