MT4 過去検証 保存

過去検証(バックテスト)結果の保存

過去検証(バックテスト)が終了すると、[結果]タブに過去検証(バックテスト)を通して取引した実績や注文履歴が表示されます。

 

Graphには、損益曲線が表示されます。

 

利益が蓄積されていれば、右肩上がりに表示され、逆に損失が出れば、右肩下がりに表示されます。

 

資金が無くなったところで、過去検証(バックテスト)は終了するので、途中までで終わっているかもしれません。

 

[レポート]タブでは、過去検証(バックテスト)の結果を数値データとして確認できます。

 

Total net profit(総利益)、Profit factor(期待値)、Maximal Drawdown(最大一時損失)などの項目は要確認です。

 

ようやく出てきた検証結果ですが、このまま別の過去検証(バックテスト)を行うと、消えてしまいます。

 

この結果を残すためには、保存が必要です。

 

保存するためには、[レポート]タブを開いているウィンドウ上で右クリックします。

 

そして、[レポートの保存]を選択します。

 

すると、ウェブページとして、レポート内容とグラフ画像が保存されます。

 

保存のときは、一工夫するといいでしょう。 後々管理が楽になるような工夫です。

 

保存を選択したとき、保存箇所を聞いてきます。

 

フォルダーを作って、過去検証(バックテスト)データをまとめて保存するようにすると、後で整理しやすいかもしれません。

 

また、レポートを保存するときは、通貨ペア、時間軸、期間などの情報もファイル名に盛り込んでおくと、後々わかりやすくなります。

 

せっかく保存しても、後から何のデータだったかわからないようでは意味がありません。


キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、夏のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年8月31日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

TradersTrust 5,000円キャッシュバックリベート

TradersTrust 口座開設

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com【デスクトップクラウド】

FX自動売買の強い味方。お名前.com デスクトップクラウド!!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


MT4|過去検証(バックテスト)結果保存|別過去検証の上書防止関連ページ

バックテストの準備
MT4のストラテジーテスター機能を使って過去検証(バックテスト)を行うための準備
過去検証の実行手順の確認
MT4の過去検証(バックテスト)の実行手順の確認をする方法
過去検証の動作チェック
MT4の過去検証(バックテスト)の動作をチェックする方法
過去検証の処理時間
MT4の過去検証(バックテスト)のの処理時間について。