海外FX秋のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年11月30日(土)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

お名前.com デスクトップクラウド!

過去検証(バックテスト)の実行手順の確認

MT4 バックテスト実行手順

過去検証(バックテスト)の準備ができたら、さっそく、過去検証(バックテスト)をやってみます。

 

上部メニュー[表示]から[ストラテジーテスター(R)]をクリックしてください。

 

すると、下部に新しいウィンドウが表示されます。


これが、ストラテジーウィンドウになります。

MT4 バックテスト実行手順

ここで、項目を設定します。

 

設定する項目は以下のようになります。

  • エキスパートアドバイザー :過去検証(バックテスト)したいEA
  • 通貨ペア:EAが稼働する通貨ペア
  • モデル:[全ティック]を必ず選んでください。
  • 期間を指定:チェックを入れて、希望の過去検証(バックテスト)期間を指定します。
  • 期間:EAが稼働する時間軸
  • 最適化:過去検証(バックテスト)のときはチェックしませんが、最適化のときにはチェックをします。

設定が終わったら、次に、[エキスパート設定]を選択してください。
すると、新たなウィンドウが出てきます。

MT4 バックテスト実行手順

3つのタブがありますが、過去検証(バックテスト)については、「パラメーターの入力」タブのみ見てもらえれば構いません。

 

ここでパラメーターをカスタマイズします。

 

そして、パラメーターを変更したら、画面右下[保存(S)]ボタンで、過去検証(バックテスト)用のパラメーター環境を保存します。

 

逆に、[読み込み(L)]ボタンでは、保存したパラメーター環境を読み込むことができます。

 

その都度、パラメーターを変更してもよいのですが、それもいちいちとなると手間なので、保存と読み込みを活用すると、多少、面倒さが取り除けます。


iForex(アイフォレックス)

海外FXランキング

経済指標

竹内のりひろのTwinCloud、SmartLogicFX


お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com【デスクトップクラウド】

FX自動売買の強い味方。お名前.com デスクトップクラウド!!

FXトレードセミナー (DVD) チャートギャラリー プロ

DVD 鳥居万友美

DVD 鳥居万友美のFXトレードセミナー あなたにもできる勝つFXトレード

チャートギャラリー プロ

チャートギャラリー プロ (Windows対応)

日足、週足、月足、年足にテクニカル指標を重ね書き可能なソフト。

Trading Viewの為替値動きチャートパーツ


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。


TOPへ