FX自動売買

VPSで24時間MT4を稼働させる

お名前.com【デスクトップクラウド】
ここまでの流れが理解できていれば、
MT4を使った自動売買はできるようになっています。

しかし、
自動売買のノウハウはこれだけではありません。

もっと便利になるノウハウが存在します。

その一つが、VPSの利用です。

VPSはVirtual Private Serverの略で、
直訳すると、
仮想空間の自分のパソコンということになります。


これから自動売買を本格的に実施していこうとすれば、誰もが必ず利用することになるものです。

MT4の自動売買では、
パソコンを24時間接続させておけば、あなたが寝ているときも、勝手に取引を行ってくれます。

24時間パソコンの電源を入れっぱなしにしておくことが前提になりますが、電気代が高くなったり、
コードが抜けたり、地震や雷雨による停電などのアクシデントの発生が懸念されます。

自動売買では、いつどのタイミングでポジションを持つかわからないので、
24時間、途切れることなく稼働できる環境が重要になってきます。


パソコンの前に人が張りついいる必要はありませんが、逆に、パソコンに全てをゆだねる不安もあります。

そこで、それらのリスクをできるだけ回避するために利用するのがVPSになります。

お名前.com【デスクトップクラウド】

「お名前.com」と「使えるねっと」

お名前.com【デスクトップクラウド】
代表的なVPSサービスに、「お名前.com」と「使えるねっと」があります。

どちらも、サービス内容、価格帯は同じような感じになっています。
もちろん、VPSにも海外のサービスがあります。

格安料金で利用できるところもあるのですが、
せっかく日本のサービスがあるので、
日本のサービスを利用したほうが、何かと都合がよいと思います。

プランはもっとも安いプランで構いません。

VPSには、Windowsパソコンには標準で入っている、
「リモートデスクトップ接続」というソフトを利用して接続します。

マックからの場合は専用のソフトが必要になります。

VPSを契約すると、リモート接続するために必要なIP、ID、パスワードなどの情報が提供されます。
これさえあれば、世界中のどこにいても、VPSに接続することができます。

リモート接続を使って、VPSに接続すると、
自分のパソコンの画面に、VPSのデスクトップ画面が表示されます。

そして、あたかもそこにあるパソコンのように操作することができます。

つまり、VPSに接続すれば、
MT4や自動売買EAのインストールをVPSに対して行うことができるということです。

一通りの設定を終了し、VPS上でMT4を稼働させれば、リモートデスクトップ接続を解除します。

これで、あなたのパソコンの電源を落としても大丈夫です。
VPSは常に電源が入ったままで、MT4も起動し続けます。

ひとつ注意すべき点は、VPSは
基本24時間稼働なのですが、定期的にメンテナンスのため電源を落とすことがあります。

また、VPSがフリーズすることも考えられるので、VPSでMT4を走らせているから大丈夫と油断せず、
1日1回でも、様子は伺うようにしましょう。

使えるねっと

使えるねっとのFX専用VPSで24時間運用


キャッシュバックキャンペーン!

海外FX、夏のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年8月31日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

TradersTrust 5,000円キャッシュバックリベート

TradersTrust 口座開設

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com【デスクトップクラウド】

FX自動売買の強い味方。お名前.com デスクトップクラウド!!

海外仮想通貨取引所

50米ドル相当のBitcoinをキャッシュバック】(先着、10,000名様)

仮想通貨取引所 BXONE

BXONE


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。